股関節症の方のご感想を聞いて思うこと

こんにちは!トレーナーの橘 さちです。

今週は新型肺炎のニュースばかりになり、感染拡大が日本でも起こり始めていますね。

あまり不安感ばかりあおるニュースは見ていていい気持ちにはなりませんが、本格的に一人ひとりが予防をしていかなくてはいけないようです。

バランスの摂れた食事、睡眠、適度な水分補給、手洗いうがい+顔洗い、マスク着用で最低限の感染予防はしていきましょう。
※水分補給は15分おきくらいに一口ずつ飲み、ウイルスが増殖する前に胃に流しましょう。

 

さて先日、股関節症の方の体験がありました。(多少の可動域制限と弱い痛みあり。)

私も股関節の痛みは経験しているので慎重に誘導していきましたが、最初はとても不安そうに動かれていました。

ですが、終わる頃には少しずつ広がっていく可動域を実感され、お顔も笑顔に…。

今回の体験後には『痛みに対してとても慎重に聞いてくれたので、安心して動けました。』『やっと運動できる場所を見つけられて希望が持てました。』というご感想を頂きました。

最近の筋トレブームでジムやパーソナルトレーナーが溢れてきている中、股関節症などの痛みに困っている方が安心して通える場所がないことは以前から聞いていましたし、私自身も腰痛や股関節痛の辛さを経験しているだけに、このような言葉を頂けることはとても嬉しいです。

最近の傾向として、健康で元気な人を対象としたスポーツジム。病気や怪我をした人を対象としたリハビリ施設や介護施設は溢れています。

しかし、『保険を使う対象には入れないのに、元気な人が通う場所では痛みをぶり返してしまうから通えない。』

という、本来なら運動療法で良くなる人たちが通える場所やトレーナーが少ない現実も切実のような気がします。

こんな感想を頂くたびに、健康運動指導士という資格を取りリハビリ施設でPT(理学療法士)から運動療法を勉強させてもらった経験を生かした場所づくりをしていかなきゃなぁ~とつくづく思っています。

股関節症と診断されても、骨や関節の変形が始まる前なら運動療法で良くなる可能性はあります。

現在、関節の痛みなどで運動する場所がなく困っている方は一度連絡をくださいね。

 

【巻爪ケアのお知らせ】
巻爪で困っている方への募集は、詳細が決まり次第ブログでお知らせします。
(爪を広げるにはある程度の長さが必要になりますので、伸ばした状態でお申込みください。)

 

【お知らせ】
※肩こりや腰痛を繰り返している方
※股関節症などの痛みでジムに通えない方
※更年期症状で倦怠感が強く出ている方
※運動はしたいけど何をやっていいのかわからない方
など、思い当たる方は一度ご相談ください。

このブログに出会ってくれた方で、すでに身体の歪みを感じていて身体のどこかに痛みが出始めている場合は、一度ご相談下さい。

お一人お一人のお身体に合わせて運動メニューを提案していますので、痛みがあり不安感がある方でも安心して運動していただいています。

一日の終わりに歪んだ筋肉をリセットするだけで痛みの出にくい身体にすることができますので、姿勢の崩れが気になり始めた方はセルフケアを始めましょう。(軽い体操で十分に効果があります。)

興味を持たれた方はお電話(03-5638-8088)かHPからお申し込み下さいね。

関連記事

  1. 医師がやっているインフルエンザ予防法!

  2. 年末からの寒暖差で体調を崩していませんか?

  3. 感染予防に日本人のまじめさが出ている?

  4. 手足が冷えるのは身体の防衛反応!ってご存知でしたか?

  5. 緊急事態宣言の発令に伴ってーWill Laboの対応(5月6…

  6. 「麻痺側下肢に体重をかける」について 2020年1月31日配…

【スマホ用WillLaboアプリ】

ダウンロードはこちらのQRコードから

qrcode